乾燥肌ってどういう状態?

乾燥肌とは?

人の肌は空気中に含有される水分量によって肌の状態が変化し、空気中に含有される水分量が少なくなると肌はカサカサになり、いわゆる乾燥肌の状態が作られるようになりますが、冬季や季節の変わり目などは特に空気が乾燥して湿度が下がるので肌がカサカサになりやすい特徴があります。

乾燥肌は肌の潤いが減って乾燥してしまう肌の状態を言いますが、いろいろなパターンがあるのも特徴になっているので何らかの対策を考えている場合は肌の状態にあった対策が必要になります。

また、乾燥が進んでくると敏感肌の状態が作られることもありますが、こうなると空気が触れてしまうだけでもピリピリとした痛みを感じるようになってくるので早めに対策をしないと肌荒れの症状が進行してしまう可能性があります。

空気中に含有されている水分量に依存なく肌が乾いてしまう状況にある場合は食生活や睡眠リズム、ストレスなどの生活習慣が原因になることで起こることもあります。

明らかに肌の乾きが見られる場合は何らかのトラブルが起こっていることが想定されますが、トラブルを解消させるためのアイテムはいろいろと販売されていて正しく使用することで状態の改善を図ることができます。

また、クリームなどを使用して保湿をする場合は自分の肌に合ってないようなケースもあるので、対策をする場合に肌が違和感を覚えるような場合は他の方法を検討して肌に負荷がかからないように対応していくことが重要になります。

敏感肌との違い

乾燥肌の状態が悪化してくると肌がカサカサするのが慢性化して、さらには赤みを帯びるなどの症状に移行することもありますが、この症状に痛みが加わってくるというケースもあり、そうなると空気が触れるだけでもかなり痛いと感じるようになります。

このような状態になると敏感肌と呼ばれるようになりますが、角質がかなり乱れている状態になっていて、乾燥肌が直接的な起因となって起こることもあれば、反対に皮脂が過剰分泌されることによって生じることもあるので肌トラブルとの関係性が深いと言われています。

敏感肌になると元の状態に戻すためには時間もそれなりにかかるようになり、間違った対策をしても効果を得ることができないため、きちんとした対策を考えるのであれば肌の状態にあったケアを心がけて改善していく必要があります。

また、敏感肌というステージにならないためにも乾燥肌であるという自覚がある場合はきちんとケアを心がけることも重要なポイントになりますが、単にクリームを塗って保湿するというのではなく体の内部から乾燥が進まないように気をつける必要があります。

乾燥肌や敏感肌の状態が見られる場合は肌が気になるという点だけでなくシワやシミができやすいなど老化を進める原因になることもあるので気をつける必要があります。

最近は乾燥肌を対策するアイテムなどがインターネットの通販サイトなどにも多く販売されるようになっているので自宅にいながらでも購入を進めて行くことができます。

オイル肌との違い

乾燥肌というのは皮膚の水分量などが減ってカサカサした状態になることを一般的に言いますが、肌トラブルは水分量だけでなく皮脂の量などによっても決まり、過度に皮脂が少なくなると肌の乾燥を促す一方で、過剰分泌する場合もトラブルが起こるケースがあります。

過剰皮脂分泌によって肌トラブルが起こるのは皮脂を好む細菌が繁殖することによって炎症を促すことが理由になっていますが、アクネ菌などが増えてくると頭皮にニキビのような症状が見られるようになります。

皮脂は食事から得た脂質などが原因となって生成されるものになるので、脂質ができるだけ少ない食事を心がけることが頭皮トラブルを促さないために重要なポイントになってくるのですが、ホルモンバランスの崩れなどによってきちんとした食生活を送っている場合でも過剰皮脂分泌が起こるケースがあります。


この過剰皮脂分泌が原因となって薄毛が進行することもありますが、頭髪が薄くなってしまう原因には頭皮に皮脂が増えるケースと乾燥肌になるケースがあり、それぞれ全く逆の理由で髪の毛が薄くなる機序があることから対策用のシャンプーや育毛剤を購入する場合は注意が必要です。

また、皮脂が過剰に分泌されているからといって極端に洗い流すようなシャンプーを使用するのはあまり頭皮にとっていいことではなく、皮脂は乾燥肌にならないようにする一種の保湿成分的な役割があるということもしっかりと覚えておきましょう。